ラポマイン

体臭の原因が病気になる?

いくら体を清潔な状態にしても体の臭いがするという場合は、病気からきている事もあるかもしれませんね。

その場合、病気を治療しないと体臭を改善することができません。

では、具体的にどのような病気が体臭を発生させるのでしょうか?

体臭を発生させる病気は、以下のようなだといえますね。

・糖尿病
・胃腸病
・慢性肝炎
・蓄のう症
・尿毒症
・膀胱炎
・尿道炎
・脂漏性皮膚炎


糖尿病になると甘酸っぱいニオイがして、胃腸病になると卵が腐ったようなニオイがするようになります。

慢性肝炎の場合であれねネズミやカビのニオイ、蓄のう症ともなると肉が腐ったニオイ、尿毒症の場合はアンモニア臭がするでしょう。

また、膀胱炎や尿道炎になるとオシッコのニオイが強いアンモニア臭がするようになってしまいます。

そして、脂漏性皮膚炎は、頭皮から油のニオイがしますからす。

このように、病気によっていろいろな体臭が発生するので、
普段とニオイが違うと感じた場合は病気の可能性もあると思ってください。

そのため、体臭が酷い場合は万が一のことを考えて、医師に相談された方がいいです。









posted by ラポマイン at 10:27 | 体臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。