ラポマイン

体臭の原因が病気になる?

いくら体を清潔な状態にしても体の臭いがするという場合は、病気からきている事もあるかもしれませんね。

その場合、病気を治療しないと体臭を改善することができません。

では、具体的にどのような病気が体臭を発生させるのでしょうか?

体臭を発生させる病気は、以下のようなだといえますね。

・糖尿病
・胃腸病
・慢性肝炎
・蓄のう症
・尿毒症
・膀胱炎
・尿道炎
・脂漏性皮膚炎


糖尿病になると甘酸っぱいニオイがして、胃腸病になると卵が腐ったようなニオイがするようになります。

慢性肝炎の場合であれねネズミやカビのニオイ、蓄のう症ともなると肉が腐ったニオイ、尿毒症の場合はアンモニア臭がするでしょう。

また、膀胱炎や尿道炎になるとオシッコのニオイが強いアンモニア臭がするようになってしまいます。

そして、脂漏性皮膚炎は、頭皮から油のニオイがしますからす。

このように、病気によっていろいろな体臭が発生するので、
普段とニオイが違うと感じた場合は病気の可能性もあると思ってください。

そのため、体臭が酷い場合は万が一のことを考えて、医師に相談された方がいいです。











posted by ラポマイン at 10:27 | 体臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体臭改善、入浴の効果は?

入浴することで体臭を改善させる効果はあるので、
体臭を改善させたい方は必ずお風呂に入るようにしましょう。

体臭を消すために大事なことは、体を清潔な状態に保つことです。

汗や皮脂を洗い流さないと、どんどん雑菌が繁殖してしまい体臭が酷くなっていくのです。

そのため、1日1回お風呂に入って、綺麗に汗や皮脂を洗い流すようにしてください。

特に、汗をかきやすい脇や頭などは、念入りに洗うようにしましょう。

そして、シャワーだけではなく、湯船に浸かるようにすることも重要です。

シャワーでも肌の表面についている汚れを落とすことはできますが、
それだけでは体臭が改善しない場合があります。

湯船に浸かることで汗をたくさんかくことができ、
体に蓄積されている老廃物を汗とともに体外に排出できるのです。

そうすると、シャワーだけで済ますよりも、体臭を効果的に改善することができるでしょう。

特にオススメなのが、半身浴です。

半身浴でぬるめのお湯に長時間浸かることによって、大量の汗をかくことができます。

posted by ラポマイン at 10:20 | 体臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クエン酸で体臭予防

クエン酸は、体臭予防に効果的となります。

クエン酸には、腸の働きを活発にさせる作用があって、腸内環境を整えることができます。

腸内環境を整えることで、便秘を予防することができるため、体臭を抑えることができるでしょう。

そのため、クエン酸が含まれている食べ物を積極的に食べると言うのも効果的です。

クエン酸が含まれている食べ物というのは、梅干し、レモン、お酢といったものです。

もし、このような食べ物が嫌いという方は、サプリメントでも問題ありません。

また、口から摂取するのもよいですが、クエン酸を入れたお風呂に入るのも体臭を予防する効果があります。

浴槽にクエン酸を大さじ2杯〜3杯ほど入れてください。

そうすると、雑菌の繁殖をおさえる効果があるので、体臭が改善します。

しかも、肌からクエン酸が吸収されて、汗の臭いも軽減してくれるでしょう。

このように、クエン酸は体臭予防に非常に有効ですから、体臭に悩んでしまう人は上手く活用してください。

特に、クエン酸のお風呂は即効性があるので、ぜひやってみてください。



posted by ラポマイン at 10:17 | 体臭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。